【請求から支払いまで|自賠責保険の知識】

「一括払い」との関係をよく理解すること

自賠責の保険金を請求して支払われるまでの流れを説明します。

 

基本的な流れ

1.請求者※が自賠責保険会社に請求書を提出

2.自賠責保険会社は自賠責損害調査事務所に損害調査を依頼

3.自賠責損害調査事務所は調査して報告書を上げる
(被害者・加害者、病院への紹介、事故現場視察など)

4.自賠責保険会社は調査報告を受けて、保険金を決定・支払い

※「加害者請求と被害者請求」のページで述べたように、被害者・加害者いずれも請求できる。

 

任意保険会社の一括払いを含む場合

加害者が任意保険に加入している場合は、その保険会社が自賠責保険の業務を代行するのが一般的です。

 

任意保険会社は自賠責保険金を立て替え、自社が払う上乗せ分と合算で被害者に保険金を支払います。

 

これを「一括払い」といいます。

 

この場合、自賠責の仮渡金に相当する当座の治療費などの支払いも任意保険の会社が代行します。

 

事故で体が不自由な被害者にとって、窓口が一つで済むのは楽でありがたい話です。

 

しかし、保険を良く知らない人は任意保険の会社が何もかもやっているように誤解しがちな弊害もあります。

 

任意保険会社は立て替えた自賠責分の保険は後で請求し、自分の懐が痛むのは上乗せ分だけです。

 

一括払いを取った場合、冒頭に挙げた自賠責保険の請求手続きは任意保険の会社がやってくれるので、被害者には直接関係がなくなります。

 

一括払いができない場合

ただし、加害者が任意保険に加入していても、上記の一括払いの手続きにならない場合があります。

 

まず、任意保険の対象にならない事故の場合。

 

例えば、加害者が飲酒運転で起こした事故なら任意保険はカバーしません。

 

逆に非常に軽傷で、自賠責保険で十分足りる場合もです。

 

その場合、任意保険は必要ないので、任意保険会社が間に立って一括払いをすることは許されていません。

 

今述べた2つの場合は、自分で書類を用意し、加害者の自賠責保険の窓口に自分で足を運んで請求手続きを取るほかありません。

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

自動車保険の基礎知識・トップに戻る