【対人賠償保険|任意保険の知識】

任意保険の中で最重要の保険

任意保険の補償メニューの中核は対人・対物賠償保険ですが、このうち対人賠償保険について説明します。

 

対人賠償保険とは?

被害者の人身損害(ケガ・後遺障害・死亡)を補償する、任意保険で最も重要な保険です。

 

人身損害に対しては自賠責保険が優先的に充当されます。

 

自賠責保険でまかなえた場合、任意保険の対人賠償保険から保険金は下りません。

 

損害額が自賠責の上限額を超えた場合、任意保険から保険金が出ます。

 

このように、任意保険の対人賠償保険は自賠責保険で足りない時の上乗せの役割を担っています。

 

ただ、一括払いの場合、どこまでが自賠責から出ているのかは明示されないことにもご注意ください。

 

(一括払いの説明ページはコチラ

 

重大な人身事故では自賠責の保険金をオーバーする部分が巨額になりがちです。

 

普通の人には到底払えない金額になることも多いので、対人賠償保険はぜひとも加入していただきたい。

 

加入していない人が車の所有者の15%もいる現状は脅威ですらあります。

 

対人賠償無制限のすすめ

対人賠償保険から出る保険金は個別の契約内容にある上限額までです。

 

自賠責で足りなかった差額のすべてが補償されるとは限りません。

 

対人賠償保険の上限額を超える損害賠償は、加害者自身の負担となります。

 

近年、人身損害の賠償請求額は高額化する傾向にあります。

 

一人の死亡事故で3億円を超えるケースもあります。

 

保険金の上限額が低いと加害者は億単位の債務を背負うリスクもあるわけです。

 

加害者は一生を棒に振ることになるし、十分に賠償してもらえない被害者も気の毒です。

 

上限額は無制限にしても保険料は大して変わらないので、ぜひとも対人賠償無制限を選択していただきたいです。

 

対人賠償の上限額の意味

対人賠償の上限額は、被害者一人当たりの上限額という意味です。

 

今、被害者が二人いて、Aさんの損害が570万円、Bさんの損害が4,500万円だったとします。

 

加害者の任意保険会社はこの請求を妥当と認めたとしましょう。

 

対人賠償の上限額が3,000万円だったとすると、Aさんに570万円、Bさんに3,000万円払われます。

 

二人の損害合計5,070万円に対して3,000万円までしか払いませんという意味ではないです。

 

これに対し、対物賠償の上限額は損害額合計に対する上限です。

 

詳しくは対物賠償保険のページを参照してください。

 

家族には支払われない点に注意

任意保険の対人賠償保険は、配偶者や親子、同居する親族には支払われません。

 

例えば、家のガレージで家族を轢いてしまった場合、被害者に保険金は下りません。

 

また、旦那さんの車に奥さんの車が追突してむち打ちになった場合も同様です。

 

この点は、自賠責保険と違う点です。

 

自賠責保険では「運行供用者」以外は「他人」とみなされ、世間一般の「他人」より意味する範囲が広い。

 

普通に言う「家族」も「他人」の扱いになったりします。

 

自宅のガレージで轢かれた家族や自損事故の車に同乗していた家族にも、自賠責保険金は下りることがあります。

 

これは自賠責保険が交通事故被害者を広く救済する趣旨を持った国の制度だからです。

 

しかし、任意保険はそうではありません。

 

民間保険会社の営利事業なので、自賠責よりずっとシビアなのです。

 

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

自動車保険の基礎知識・トップに戻る